ものがたりが始まる

成瀬望の「八百屋barものがたり」と鹿野暮らし通信

淀川ごてごてのデコハウスと内田樹「最終講義」、一人ブレスト

8月1日(月)

朝、4時半起き。
友達が突然老けて生気をなくしていく怖い夢を見る。
淀川を散歩。


ごてごてのデコ・ハウス発見!


橋の下のDIYハウス。芸術みたい。

変な面白い家を見つけたり、おばちゃんに話しかけられたりする。
朝日がきれいでテンション上昇。

ブログ日記を更新後、
内田樹「最終講義ー生き延びるための六講」技術評論社、を読了。
内田樹先生は、やっぱり面白い。

目次は以下。

最終講義。
人文科学に明日はあるか。
日本はこれからどうなるかー“右肩下がり社会”の明日。
ミッションスクールのミッション。
教育に等価交換はいらない。
日本人はなぜユダヤ人に関心をもつのか。

日本のこれからの社会は、
ホスピタリティ(おもてなし)、
医療、
エンターテイメント、
教育、
を海外に売っていった方がいいという話。

若い女性は直感にしたがって新しい時代へ
向かっているという話。

読んでいると興奮し、かつ頭が良くなる気がする内田樹

午後は、朝早かった分、昼寝しつつ、
部屋にこもって、自分のこと、上田学園のこと、
東京の友達のこと、上勝のこと、いろいろノートを前に
一人ブレスト(考え事)していました。

上田学園、本当にもったいないと思う。
これをビジネスとして成功させ、
世の中にインパクトを与えれるように、
動かしていけるチカラが自分にあれば〜と
本当に何度も思う。

インターネットで、英語をつかって
世界中の外国人にものを売るということも、
出来た方がいいよな〜。勉強しよかなと思う。
英語がどのくらいうまければ、外国人に英語で、
ものを売ることができるのかな〜。
どうやって勉強すればいいのかな〜。

電話がかかってきた友達と、いろんなことを話す。
最近、電話で話すことが多い。
電話代、怖いけど、好きな人たちと、
なぐさめ合うのじゃなく、
応援し合って、お互いに育てあって、
成長していきたいと強く思う。

寝る前、橋本治の「恋愛論」を読む。
橋本治内田樹と同じ匂いがする。
考え方のシステムが似てる感じ。
とてもおもしろい人。
この人の本ももっと読みたい。



.