ものがたりが始まる

成瀬望の「八百屋barものがたり」と鹿野暮らし通信

8月26日(金)風輪亭居住許可と鳥取産業フェスティバル、いなちゃんと語り合う。

8月26日(金)

朝5時半前に起床。久しぶりの早起き。
1時間半、線路沿いに歩いて隣駅まで行く。
さりげなく、映画「男はつらいよ」のロケ地だった。

帰ってきて朝ごはんをいなちゃんと2人で作る、
恒例の楽しいひととき。

食事をしながら、ゴルゴさんに、風輪亭に住んでもいいか聞く。
あっさりと「いいよ」との返事。
モリくんの家か、風輪亭か、どちらに住むか悩む。

食後、いなちゃんとシェアハウスの企画を話し合う。
ハーモニィカレッジの子供達やスタッフ達が、
みんなモンゴルに無料で行けるような、
そんな企画をつくれたらいいなぁ、なんて夢を話す。
ハーモニィの方たちに何か恩返しをしたいと思う。

昼、いなちゃんが人に会っているあいだ、
オシャレなカフェでランチとお茶を一人でする。
日記を書きまくる。
モリくんの家に住みつつ、週に3日ぐらい風輪亭に
通おうかなんて、考える。

その後、いなちゃんと鳥取産業フェスティバルに行く。
鳥取大学の竹の研究をしている教授に話しかけられ、
はげましの言葉をもらう。

昨日の就職フェアと同じ会場だったが、就職フェアより、
お祭りっぽいムードがただよっていて、楽しかった。
鳥取のいろんな企業や学校について知ることができた。

この数日考えていた、鳥取にて就職をしたい若者のための
新しい就職サイトをつくったら、
こういう企業の出店スタイルみたいな
感じのイベントをしたいと思う。

会場で、「らだっく」のおかあさんとマスターがうどん屋を
ひらいていて話す。おからドーナツを差し入れる。うどんをもらう。

夕方、いなちゃんと2人で美人温泉へ。
理想の会社、働き方などをずっと語り合う。
飲食店の経営の本を読んで、組織としてよく出来ている
と思った話をする。

風輪亭について、いなちゃんがいろんな人と長電話しているのを
見ながら、眠る。

11時前、気がつくとゴルゴさんが帰ってきていて、
いなちゃんと話しているので、起きて交じる。
未来へ向けた明るい話。
住むのは、やっぱり風輪亭かな・・・。



.