ものがたりが始まる

成瀬望の「八百屋barものがたり」と鹿野暮らし通信

9月8日(木)古民家で芸術について考え、パーティーがあり、人の温かさが沁みた夜。


9月8日(木)


7時前、起床。

1時間ほど散歩する。
研修中、みんなでヤッホーをしたダムへ行く。
誰もいないからっぽのダム。
人生は、夢、まぼろしだと思う。


稲ちゃんと、てくてく歩いていっきゅう茶屋へ行く。
茶屋で昼食。
昼食後、またてくてく30分以上、登山をして、
Nさんに会いにいく。

Nさんはヨーロッパ、アジアなど世界中を旅したあと
上勝に移住し、半自給的な暮らしをしながら、
古民家を改造しながら絵を書いたり絵本をつくっている方。

かまどに薪をくべて沸かしたお茶をゆっくりと頂きながら、
お互いの人生、これからのこと、日本のことや世界のことを
じっくりと語り合った。
Nさんは電話を持っていないので、突然おしかけ、
かつ僕も稲ちゃんも初対面だったにもかかわらず、
完全に意気投合。

いっしょに夜まで教えてもらって絵を書いたり、
絵本のストーリーを考えたりした。

Nさんは、生活と作品が一体化した、完全に創造的な暮らしを
しているアーティストであった。

こんなおじさんが子供の頃、身近にいたら良かったなと思う。

また必ず遊びに来る約束をする。

鳥取にも、こんなに創造的な人がたくさんいてほしい。



夜、上勝に残っている研修生仲間、偶然上勝に来ている研修生仲間、
研修中にお世話になった方、などで、
くるくるハウスに集まって飲み会。

くるくるハウスは2000円くらいで泊まれるほど安く、
かつ、木の温かい雰囲気が素敵すぎる宿。

震災の話とか、鳥取の話(まいどだけど)とか、
上勝、いろどり、研修の話などする。

みんなの温かさが沁みる夜だった。




.