ものがたりが始まる

成瀬望の「八百屋barものがたり」と鹿野暮らし通信

9月9日(金) 素敵な農家さんとモーニング、稲ちゃんと夢があふれ出し、大阪へ帰る。

9月9日(金)


6時半起床。

泊めてもらっていたAくんとお別れ。
荷物を持って出る。

てくてく歩いて、
稲ちゃんと、とても仲のいい農家さんを訪ねる。
研修生のあいだでは美人で評判だった年配の奥さん。
奥さんが車で商品を出荷するのに同行し、
いっきゅう茶屋で3人でモーニングを食べる。

なぜ、同じ田舎なのに、上勝に来ないで、
鳥取に行ってしまうのか、と聞かれる。

ここでも鳥取のことを思いっきり話す。

おもしろい若い人たちが集まっていて、
それぞれがやりたいことを協力してやろうとしている。
古民家暮らしの楽しさ。
生活コストの低さ。

などなど。

鳥取でこれから楽しそうやね、と共感してもらえたことが、
とても嬉しかった。

一緒に農産物を交換したり、
鳥取にお店を出して販売したり、
海外旅行にいきましょう、なんて楽しい夢をいっしょに語る。
とても楽しい、感動的にゆったりとした時間。

梅干やつけものを大量に頂いてしまった。
本当に嬉しかった。
必ず、恩返しをしたい。


茶屋のスタッフの若いOさんとも話し、連絡先を交換。
鳥取に遊びに来てと言う。
いったいどれだけ鳥取の宣伝を僕たちはしているのか笑。


2人で、バスで徳島駅へ向かう。
稲ちゃんが、いろどりのインターンシップみたいな、
農家研修を鳥取でも作りたいと言う。
いいね、おれが最初の0期生になるよ、
なんて話す。
ぼくは物々交換、物の共有を鳥取でやりたいなと、
思いついて、ぺらぺら話す。
「物々交換のヤフーオークション」みたいな、
ローカルサイトを作りたいなんて思いつく。

先月から2人で、ぼくらはいったいどんだけ
夢を語り続けているのだろう。
つぎつぎと新しい夢を思いつき、人に話す。
ハーメルンの笛吹き男のような2人組みかも。

鳥取へ帰るいなちゃんを見送ったあと、
研修生仲間のHさんと会う。
ランチしながら1時間ぐらい話す。
鳥取の魅力をまた話す。
3ヶ月後ぐらいには形になりそうだね、
なんておだてられる。
ムーブメント、起きてるんです。
なんて調子よく言う。


バスで大阪へ帰る。
夕方着。
バスから降りるとき、
前回の研修から帰ってきたときの高揚した気持ちを
思い出した。

あれから、ずいぶん人生がにぎやかになったな。


父と2人で夕食。

つかれが出て、本を読んでからさっさと眠る。




.